活動日記

【まずは自分のため】ライティングプロジェクトって何のため?【千原健太】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ライティングプロジェクトって何のため?【まずは自分のため】

あけましておめでとうございます!!
プログラミング班のジュニア(千原健太)です。

年明けでライティングプロジェクトを新たに始めることになり、プロジェクトに参加してくれたメンバーは本当にありがとうございます(^^)
ただ、これまで中々手をつけられずにいたブログ記事、いきなり
「記事を書こう!」
と言われても、
「何から始めればいいねん」
となるかと思います。
なので、今回の後半プロジェクトはどういう意図があって、どんなことをすれば良いのかをこの記事ではまとめています!

団体としての目的

まず、このプロジェクトの一番の目的は2つ、

  • 学生にGIVER.を認知してもらう
  • 企業の人に「これだけスキルを持った人材がいる」とアピールする

です。

これまでの問題点

まずこれまでのGIVER.には大きな問題がありました。
それは、
「ぶっちゃけ外から見ると怪しい団体にしか見えない」
という点です。

例えば、これまでの発信は主にTwitterでしたが、基本的には「今日も活動してます!」みたいなことがメインでした。

なので、学生側から見たときには、

  • メンバーがどういう人なのか分からない
  • 普段どんなことをしているのか具体的なことが分からない
  • 自分の学びたいことが、学べる or 活用できるかどうか分からない

という状態でした。
また、企業から見ても

  • 誰が、どんなスキルレベルを持っているのか分からない

という状況です。

実際に代表の平木や斉藤が企業の方とお会いした時も、一番重視されていたのがそこで、
「団体としていろいろ作ってきたのは分かる。では、誰にお願いすればいい?」
というのが一番重要なことでした。

なので、今回の目的は認知度の向上ではありますが、
みんなが個人として「こういうことができます!」とブランディングしていくことが、結果としてGIVER.全体の成長につながるっていうことは意識して欲しいです。

目標(仮)

具体的な数値目標としては

  • 平均、月2件の案件獲得
  • 平均、月2人の流入コンタクト(見込みは10程度)

の2点を掲げています。

ただ、まだ初めてなので、ぶっちゃけ数に根拠はありません(笑)。
GIVER.の中では初めてのライティングなので、あまり意識せず、好きなことを書いていって欲しいな〜と思います。

なぜやるのか

なんで団体としての目標を流入と案件にしたかというと、シンプルに

  • クリエイターとして成長できる機会を増やすため

です。

案件を通してお金を頂くことはクリエイターとしての成長につながります。
なぜなら、「お金」は非常にシンプルな「価値」の対価の1つだからです。
GIVER.にいるみんなも、「クリエイターとして成長したい」と思っている人が多いんじゃないかと思います。
GIVER.の掲げる「自立したクリエイター」として「クリエイティブを通じて価値を届けられる人間」になって欲しい。そのための機会を一人一人に増やしたい。
そういった想いで、このHPを立ち上げ、運用を始めています。

これまでは、スキルのある人間が運営になっていたので、案件も運営が担当することになってましたが、記事を通して、「この人にお仕事を頼みたい」というような機会を増やしていきたいと思ってます。

主な発信内容の軸

主な発信内容の軸は2つあります。

GIVER.について知りたいと思う人向けの情報

  • 活動日誌
  • メンバーそれぞれの自己紹介記事
  • 制作物の紹介
  • 制作過程とかも含めて

制作をやっている人に役立つ知識の提供

  • 学んだスキルのアウトプット
  • 使っているソフトのトラブルシューティング
  • 例えば初心者が操作でハマりがちなところとか

です。

GIVER.について知りたい人向けの情報はもちろん、制作に役立つ知識も、これからGIVER.に入ってくる人のための貴重な情報なので、積極的にやって欲しいです。

また、発信内容の中でも特に力を入れて欲しいのは、これまでの制作物の紹介です。
集団であれ、個人であれ、制作物はもちろん、制作の過程をアウトプットすることで、
「どういう考えで作ったのか」
「どう問題を解決していったのか」
が分かります。
そう言った過程が実際の仕事ぶりになるので、企業の人は結構見ているし、就活においても役に立つ発信になります。

次点で、

  • 自己紹介記事
  • スキルのアウトプット
  • トラブルシューティング

あたりをやって欲しいなーと思います。
スキルの発信と自分自身の発信はかなり重要なので、まだ制作物がない人も、この辺を頑張って欲しいです。

最後に

これまで団体としての目標を掲げて、どんなことをやれば良いのかというのを提示してきたけど、結局は自分自身のためになるアウトプットをして欲しいです。

確かに、団体としての意義を説いてきたけど、

  • 自己紹介
  • スキルのアウトプット
  • 制作物紹介」

あたりは個人として、つよつよなクリエイターになる上でも重要になってきます。
また、単純な就職活動に向けた準備としてみても、自分のスキルや自分自身がどういう人間でどう活動してきたか、というのを残しておくのは貴重な資料になります。
何よりも、このプロジェクトに関わるみんながハッピーになれるようなプロジェクトにしたいと思っているので、どうかご協力お願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA