未分類

浦山紗理奈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私について

デザイン班の浦山です、ご覧いただきありがとうございます!はじめに、私の自己紹介をさせていただこうと思います。

武蔵野美術大学 造形構想学部 クリエイティブイノベーション学科に在籍する大学一年生です。
怪しい名前の学科ですが、現代社会に対する課題発見やその解決策、実社会に応用する「創造的思考力」について勉強しています!しかし、まだ一年生なので、彫刻や絵画、illustratorを使ったデザインの学習、プログラミングソフトを利用したインタラクティブアート、統計ソフトなどなど、広く浅く様々な分野の基礎を中心に学んでいます。

美大やGIVER.でデザインについて学んでいるわけですが、一言に「デザイン」と言っても様々なデザインがあって
「デザイン × AI」、「デザイン × ジェンダー」など世の中をより良くするため、何か一つのテーマとデザインを組み合わせ、研究している人たちが沢山います。ちなみに、私は「宗教」というテーマに興味を持っています。

なぜ宗教??と思われることも多いのですが、通っていた中高がキリスト教(プロテスタント)の学校だったことと、親戚の法事などで毎回読まれる般若心経の意味が気になったことがきっかけです。日本で「宗教」というとカルトのイメージが強いからか、なんか怖い…と感じてしまう人も多いと思います。でも実際、聖書だったり仏教の経典だったり、牧師さんの説教だったり…結構心の支えになることや、生きる上での哲学があります(もちろんカルトは違います!)。多くの人が思っているほど厳しいことは言っておらず、むしろ「もっと楽に生きていいんだよ〜」というような感じです。
日本だとなんとなくタブー視されているというか、敬遠されがちな「宗教」のイメージを変えたい、という思いがあります。信仰する人を増やしたいわけでは全くなくて、ただもっと身近になってもいいんじゃないかな〜と思っているだけです。

近い将来やりたいと思っていることは、日本の伝統的な絞りや染物でヒジャブ(ムスリムの女性が頭に巻くやつ)を作ることです。日本に外国人が増え、同時にムスリムの方も少しずつ増えているわけですが、イスラム教の文化が全くない日本での生活は疎外感を覚えることもあるのではないでしょうか。そこで「日本の伝統とイスラム教」という全く異なる二つを組み合わせれば面白いし、いろんな人にも興味を持ってもらえるのではないかと考えています。同時に少しでもイスラム教を認知してくれる人が日本にも増えればいいなと思います!

制作物の紹介

 ここでいくつか作品について紹介しようと思うのですが、その前に私自身がGIVER.デザイン班でどのようなことをしているのか、お話ししようと思います!a

毎週金曜日の活動時間内では、主に同じデザイン班の先輩から課題をいただき(ex.架空のフリマやアニマルカフェのポスター制作など)、制作したものに対して先輩からフィードバックをもらっています。
 活動時間外では、他の学生団体さんからロゴ制作やイベントページに使う画像、twitterのバナーなどの制作依頼を受けたりしています。

1私がGIVER.に入ってから一番最初に受けた案件

 月一ペースでイベントを企画している学生団体さんから、SNSで宣伝するための、イベント概要を載せたtwitterのバナーとFacebookのイベントページを作成しました。
 こんな感じです。

「オレンジなどの暖色系ベースで、スポーティーな印象でないもの」という依頼だったので、それを元に3パターン作りました。最終的には一番下の画像に決定しました。
イベント内容や日時、費用等載せなければならない情報がいくつかあるため、「どれを強調させるか、パッと見たときに混乱してしまわないか」など目線の流れを意識しなければなりません。

初めて受けた案件で、知識や技術もまだまだなので、頭ではわかっていてもそれを実際に表現するのはなかなか難しかったです…

2 活動内での制作

先ほど紹介したフリマのポスターがこちらです。

こちらも、目線の流れを意識しました。文字だけでも大きさや配置、色を工夫するだけで表現の幅を広げることができます。

3 大学の授業で制作したもの

 大学では、デザインリテラシーという授業でデザインの基礎やillustratorの使い方を学んだのですが、授業内で制作したものもちょっぴり紹介しようと思います

 授業内で作った友人の名刺です。個人情報は隠しています。(電話番号と住所は大学のです)

他にもまだまだありますが、長くなってしまうのでここまでにしようと思います。
ご覧いただきありがとうございました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA